<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=337111513811540&ev=PageView&noscript=1" /> Moms Across Americaブログ

ブログ

US EPA Glyphosate, Atrazine, and Simazine Regulation Process Advances

While most of us cannot seem to focus on any news except for COVID, mandates, and increasing government restrictions, rightfully so, the EPA has finally completed the review of glyphosate herbicides for their impact on endangered species.

In Dec of 2020, the EPA  found glyphosate herbicides caused Likely Adverse Effects (LAA) for 93% of species and 97% of critical habitats -  1,676 species and 759 critical habitats.

In this week's announcement, they shared that they also reviewed Atrazine and Simazine simultaneously, and the three chemicals are the first to go through the process under the Endangered Species Act in 1973 by President Richard Nixon. Yes, it has taken 48 years for glyphosate and these chemicals to be reviewed for their impact on our wildlife. Incredible.

Meanwhile, during the last 50 years, 70% of our animal population has died.

Much of the animal and marine life's primary food source, insects, are threatened with extinction. 40%, to be exact, of our insect population, are in jeopardy, and 75 of the top 115 global food crops depend on insect pollination.

While COVID is vacuuming up the public's attention in the present moment, our existence on this planet is being threatened every day by the continued spraying of glyphosate and other toxic chemicals.

続きを読む
1反応 シェア

Are You Considering Giving Your Child the COVID 19 Vaccine?

Do you have a family member or friend considering it?

COVID -19 Vaccine clinics for 5-11-year-olds are opening in schools and public buildings across the country this week.

A coalition team has compiled a science-backed educational flyer with crucial information that the mainstream media networks are not sharing in news coverage.  We feel this information is crucial for an informed decision.

We support access to all kinds of medical procedures, alternative therapies, food, supplements, and remedies to support our family's health. We believe it should be the parent's choice what treatments they utilize for their child. We also believe to make that choice, they should have access to all of the information regarding the side effects, special interests, and politics behind the sale of the product or service.

The only way to make informed decisions is with as much data as possible, from independent sources that do not stand to profit from the sale of the drug or procedure.

Although the following flyer is not nearly complete, (there are many more reasons why this COVID -19 vaccine is risky for children) we selected the information we feel is most likely to have a parent reconsider their decision. 

Given the facts:

The vaccine manufacturers, government, and clinic staff administering the vaccine are not liable for adverse side effects, most doctors and health care providers are denying the connection between the health issues and the vaccine (and victims are unable to get adequate care), and children are more likely to die of 8 other things, including the flu, than COVID, we feel it is safer to exercise precaution.

We feel that boosting a child's immune system with natural remedies, waiting a little longer, and researching the side effects further before deciding to vaccinate, is a valid and responsible decision at this time based on the scientific evidence that has been provided to us via many experienced physicians and scientists.

続きを読む
8反応 シェア

Mandates Threaten National Security

Across the country this week, firefighters, police, teachers, nurses, and civil servants are being forcibly ejected from their jobs. Many are being told to stay home on unpaid leave because they refuse to follow a federal mandate to get an injection of genetically engineered MRNA material and other toxins into their bodies.

Moms Across America has learned of a federally contracted company that focuses on aerospace, satellites, and military technology, with many employees who will not abide by the mandate. They choose to protect the integrity of their bodies and religious beliefs. Many of these employees hold integral positions in our national security. Their new vaccination deadline, according to Biden's announcement yesterday, is 1月 4. Biden's administration of this policy through The Dept. of Labor's Occupational Safety and Hazard Administration (OSHA) means that it will override any previous state policies ( such as Florida, Texas, and dozens of other states)  that do not enforce mandates in one form or another. This gigantic overreach of government control is sure to be met with more resistance, not less.

続きを読む
2反応 シェア

古代の穀物は健康と腸の微生物叢を改善しますか?

更新された記事10月 27, 2021

過去10年間で、アメリカの食品産業は混乱状態になりました。突然何百万人もの人々が小麦を食べられない、または食べたくない……何千年にもわたる主要な文明が毎食小麦を食べた後。突然、人々は簡単なパンを食べた後、発疹、イライラ、倦怠感、さらには気分が悪くなると感じます。どうしたの?ボブクイン博士30年の再生有機農家であり著者は、フードシステムがどのように逆さまになったかを説明しています-彼の新しい本で、健康的な栄養価の高い食品ではなく、安価な加工食品を育てています 穀物による穀物。

その安価な加工食品の大部分は小麦です。現代の小麦(グリホサート不耐性を引き起こす可能性のあるグリアジンと呼ばれる現代のハイブリッドタンパク質を含む)、白色の加工穀物製品、または高レベルのグリホサート残留物を含む全粒穀物...腸の微生物叢を破壊し、急増する自己免疫疾患を増加させています過去10年以上。

続きを読む
2反応 シェア

離乳食中の重金属とそれについて私たちができること

更新:ウォルマートからの親の選択は、米の離乳食に高レベルのヒ素を要求しました

A コンシューマーレポートのリサギルによる新しい記事 「食品医薬品局は金曜日、離乳食メーカーのメープルアイランドが 自主的、全国的なリコール 発がん性物質として知られている無機ヒ素に関するFDAのガイダンスを超えてサンプルをテストした後、3ロットの8オンスのParent'sChoiceライスベビーシリアルを使用しました。製品は、FDAによる定期的なサンプリングプログラムの一部としてテストされました。病気は報告されていません。」

懸念されるのは即時の病気だけではありません。ただし、長期的には 脳損傷 動物のヒ素によって引き起こされ、 肝臓 関数。子どもたちは、体が発達しているために特に脆弱です。

これはまた、6か月以内に乳児用の米穀類中の無機ヒ素レベルが上昇したという製造業者による2回目のリコールでもあります。 Beech-Nutは6月 2021でリコールを発行し、定期的なテストでヒ素レベルの上昇が示された後、乳児用米シリアル市場から永久に撤退すると発表しました。 

「私たちは臨界点に達しました」と、コンシューマー・レポートの食品政策担当ディレクター、ブライアン・ロンホルムは言います。 「業界はこの問題を管理できないようであり、FDAの遅い規制アプローチは公益に役立っていません。」

「離乳食メーカーは、無機ヒ素に対処するための効果的な緩和策を実施できるようになるまで、乳児用米シリアルを市場から撤退させることを検討する必要があります」と彼は言います。 「親と介護者はもっとふさわしいです。」

離乳食に含まれる重金属は、数年前から問題として文書化されています。によって全国的に配布された50の乳幼児向け食品の2018でのテスト 消費者レポートは、3分の2が少なくとも1つのタイプの重金属の気になるレベルを持っていたことを発見しました

リコールされた製品: 4月 5, 2021の後にウォルマートで販売されたParent'sChoiceライスベビーシリアルの3ロットの8オンスパッケージ。次の製品情報は、パッケージの背面の左下隅にあります。

•ロット21083、UPCコード#00681131082907、「使用者に最適」の日付6月 24, 2022

•ロット21084、UPCコード#00681131082907、「使用者に最適」の日付6月 25, 2022

•ロット21242、UPCコード#00681131082907、「使用者に最適」の日付11月 30, 2022

離乳食用の米製品を購入せず、有機食材で離乳食を作ることをお勧めします。重金属を多く含む米、根菜、香辛料は避けてください。 

上院議員や代表者に連絡してください。 ここをクリック。事前に書かれた電子メールは、私たちの赤ちゃんを重金属から緊急に保護するための規制を通過するように彼らに求めます。必要に応じて、ツイートして、選出された役人のオフィスに自動的に接続することもできます。

ここをクリックして手紙に署名し、ツイートし、選出された役人と話してください 今日2021の離乳食安全法に合格するために賛成票を投じるように彼らに依頼する。

コンシューマーレポートの元のレポートの詳細は、最初に公開された記事から以下にあります3月 29, 2019:

議会は、離乳食中の高レベルの重金属汚染に関する報告の後、2021の新しい離乳食安全法を発表しました

概要:

  • 新しい 2021の離乳食安全法 提示されており、合格した場合、初めて離乳食の重金属レベルを設定します。
  • 最近の議会の報告によると、4つの離乳食会社による社内テストで、FDA基準の最大177倍の成分の重金属汚染が確認されています。
  • これらの会社 そのレベルが水中の重金属のFDA許容レベルをはるかに超えていることを知っていて、それでも製品を一般に販売することを承認ました。
  • 3つの離乳食会社はこれに従わず、要求に応じて議会委員会に重金属試験データを送信しました。
  • 重金属汚染について最もテストされた成分は、有機および非有機の米製品、香辛料、および添加物でした。
  • 重金属汚染の侵入方法は不明です。それでも、科学者たちは、重金属が肥料、灌漑用水、または食品の粉砕や加工に使用される金属機械に含まれる農薬の汚染物質であると疑っています。
  • アメリカ中のママは、両親に離乳食を作るように呼びかけ、FDAはすべての最終製品の重金属(および農薬)テストを要求します。
続きを読む
2反応 シェア

予備的な黒豆栄養素試験結果

Moms Across Americaでは、工業用化学農業が食料供給の健康と安全に与える影響に焦点を当てています。影響の1つの領域は、食用作物の栄養素密度です。有毒な農薬は、私たちの食品の土壌の質、微生物叢、および栄養素密度を低下させる可能性があります。私たちは再生有機農業について多くのことを学び、それが頻繁な深耕を利用せず、不耕起(カバークロップを使用)することがよくあります。つまり、土壌は乱されず、時間の経過とともに土壌の質が向上します。理論的には、再生的および有機的に栽培された作物の土壌の養分密度は増加し、改善されます。

私たちは、サポーターがもっと知りたいと思うかどうかを確認するために、栄養素についていくつかの予備テストを行うことにしました。私たちは、再生食品や有機栽培食品は、有機食品や従来の食品よりも栄養価が高いのだろうかと考えました。私たちは一般的な食べ物である黒豆を使うことにしました。

続きを読む
2反応 シェア

スコットランドのお母さんが村に農薬を使わないようにする経験を共有します!

アニーマクドナルド 
無農薬バレルノ 
 
私はスコットランドのエジンバラのすぐ南にあるバレルノに住んでいるお母さんです。私は40歳まで多くの病気に苦しんでいました。つまり、子供の頃に病院で1年間過ごし、さまざまな薬を服用していました。私のテスト結果は私に何の答えも与えませんでした。
 
40になったとき、私は自分の健康を管理しました。乳製品とグルテンを排除し、特定の食品と環境化学物質(天然および人工の両方)を削減しました。主にオーガニックになり、健康を取り戻しました。

続きを読む
1反応 シェア

十分!

十分な.jpg

Moms Across Americaでは、次のことを十分に行っています。

  • 私たちの政府は、肝臓や腎臓の病気を引き起こし、私たちの食物の免疫システムを弱める既知の発癌物質と内分泌かく乱物質を許可しています。

  • 私たちの政府にロビー活動をし、「科学」をゴーストライターで書き、私たちの最善の利益ではなく、彼らの特別な利益になるように政策に影響を与える企業。

  • 私たちの政府は医療処置を義務付け、医師の専門的経験全体と個人の身体的自立を却下しました。

  • 化学製品が完全な製剤ではなく1成分のみでテストされて承認されることを許可するEPA。

  • CDCの理事会メンバーは、ワクチンの特許を保有することが許可されており、規制することになっているものそのものから利益を得ることができます。

  • FDAは、企業が自社のGMO製品を規制し、ラベルなしで市場にリリーすることを許可しています。

  • FCCは、子供たちの教室や家の外のアンテナで、私たちの同意なしに家族を有害な放射線にさらすワイヤレス技術を許可しています。

これらすべてのことは、企業がより多くのお金を稼ぎ、力を高めるという1つの主要な目的のために起こっています。

続きを読む
1反応 シェア

新しいショー! ZenHoneycuttでエンパワーアワー

チルドレンズヘルスディフェンスTVが発表できることを誇りに思います

エンパワーアワー

ゼンハニーカットと

金曜日、9月 17, 2021、12正午ETにデビュー CHDLIVE。

エンパワーアワーは、食品、農業、環境毒素、および子供の健康に関連するアクションとソリューションを提供するワンストップの毎週のニュース番組です。熾烈で止められないホスト ゼンハニーカット、の創設常務取締役 アメリカ中のお母さん、世界中の母親、キャロル・グリーブによる毎週のニュース付き 今の品の完全性、そしてこの分野の先駆的なパネリストからの洞察により、すべてのショーは、私たち一人一人が自分たちのコミュニティリーダーやグローバルなゲームチェンジャーになるための行動を起こす力を与え、刺激することを目的としています。

続きを読む
3反応 シェア

健康の自由のために立ち入る

今週、バイデン大統領は、臨床試験がまだ完了していない場合でも、100人以上の従業員を抱える雇用主にCOVIDワクチンの接種を義務付ける連邦の義務を発表しました。議員とそのスタッフがとんでもないことに気づきました 免除されます 勤勉なアメリカ人が仕事を失うか、実験的な注射を受けることに直面している間、任務から(FDAは1つのワクチンを承認しましたが、試験は間まで完了しません 2022-2024)個人的な決定や個々の遺伝的素因に関係なく。

Moms Across Americaには、私たちのほとんどに慢性的な健康問題を抱える子供がいます。その旅で、私たちの多くは、問題の原因となっている要因を整理するために、大規模で費用のかかる遺伝子検査を受けなければなりませんでした。 

私たちが健康について学んだことがあれば、それは次のとおりです。

  • すべての人は独特の遺伝的素因を持っています
  • 多くの人、 50%(3中国人女性の1、4白人の1)、毒素を解毒する能力の障害につながる可能性のあるMTHFR遺伝子のような遺伝子変異を持っています。そして彼らは遺伝子検査をする余裕がない
  • 食品、汚染された空気や水、ワクチンなどに含まれる毒素を解毒できないと、人々に害を及ぼす可能性があります
  • その害のいくつかは生涯または生命を脅かす可能性があります

これらの健康上の理由、および他の多くの道徳的、宗教的、倫理的理由のために、アメリカ中のママは、特にすでに示されている医療処置を義務付けることをサポートしていません  1.4百万人以上に危を加える ではありません 効果的 病気の伝染または収縮において。

多くの人が検討しています ウォークアウト水曜日 行動、そして個人の健康の自由のために一緒に固執することが重要です。

あなたが私たちの健康上の決定に十分な命令と政府の侵入を持っていたなら、あなたはまた参加することができます 同じように感じる他の人とつながるための#ENOUGH運動。

また、ウォークインについてもご検討ください。

続きを読む
1反応 シェア

連絡する

日本語EspañolEnglish