<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=337111513811540&ev=PageView&noscript=1" /> Moms Across Americaブログ

ブログ

Project Inundate the EPA

Thank you to the 3000 people who have volunteered for Moms Across America!

Together, we educate and empower mothers and others with actions and solutions to create healthy communities!

We are down to the wire with the EPA and glyphosate. This past week the EPA appealed to the Supreme Court to extend the deadline for their decision on whether or not to renew or revoke the license glyphosate. Preposterous. They have had 13 years to review glyphosate.

In the meantime, people are getting sick and dying. Our pets, pollinators, babies, and neighbors are dying. Our health care costs are skyrocketing.

Professor Emeritus at Perdue University, a sixty-year plant pathologist Don Huber PhD. said, “Glyphosate herbicides make DDT look like mouthwash.” 

Three hundred million pounds of these toxic chemicals are sprayed in America on our food crops and communities every year. The CDC found glyphosate in 80% of the 2,310 American urine samples. We are in a health crisis primarily due to these toxins. 

This is a historic moment. This is the time in history when the EPA will decide to affect millions of lives and wildlife species. Recently, the Supreme Court rejected the EPA’s interim glyphosate approval and ordered the  EPA to review available science and come to a decision by 10月 1, 2022.

We only have a little over two months to communicate with the EPA and urge them to do the right thing.

When 10,000 moms called the EPA regarding our findings of glyphosate in breastmilk, urine, and tap water none years ago, one of the more relatable staffers said to me:

“We encourage your moms to communicate with us by any means necessary."

続きを読む
2反応 シェア

人工食用色素-小さな変化、大きな影響

You may have heard the uproar about Skittles, how a California man sued Mars for not warning their customers that it contains harmful levels of titanium dioxide...well, it’s not only this colorful candy that contains toxic chemicals. MOST candies, many children’s medicines, and processed foods in America also contain artificial dyes! But the majority of these chemicals are not allowed in Europe! What gives?

Moms Across America Board member Kelly Ryerson, AKA Glyphosate Girl, weighs in on the situation as our guest writer.



合成食用色素。それらはFDAによって使用が承認されているので、全身にヒステリックな感情的なメルトダウンを引き起こしている可能性がありますか?確かに彼らはそうだったし、そうすることができた。

幼い頃、私の息子には2つのアイデンティティがありました。一人は、電車を読んだり遊んだりするのを楽しんだ、甘くて好奇心旺盛な少年でした。もう1つは、タスマニアデビルのデッドリンガーとしか言えません。子供の頃にルーニーテューンズに何時間もさらされていない人にとって、タズは彼の短い気性と極端なハリケーンのようなエネルギーバースで有名になったアニメキャラクターです。

Doctors dismissed these outbursts as normal little boy behavior, but there was something peculiar about the tantrums. They triggered so quickly over nothing in particular like some switch had been activated in his mind that sent his nervous system into high gear. My mom’s mind fled into all kinds of worst-case scenarios, abetted by Google searches on everything from terrifying brain diseases to my general failure as a parent. Because what would mom-life be without some occasional self-blame.   

A few months passed, and a few childhood viruses came and went. One particularly nasty flu sent me to the drugstore to pick up my son’s favorite grape-flavored Children’s Tylenol. Twenty minutes after dosing the Tylenol, that notorious Taz returned. I looked at the bottle. 

D&C Red No. 33 & FD&C Blue No. 1.

続きを読む
2反応 シェア

CDCは最終的に人間のグリホサートをテストします

ついに。

Moms Across Americaがアメリカで最初の市民資金によるグリホサートテストを開始してから9年後、 子供の尿、水道水、母乳、EPA、FDA、CDCにグリホサートの検査を依頼してから9年後、CDCはついに検査を行いました。

最近 記事 ガーディアンの記事で結果が報告されました:

米国の健康調査で子供と大人から採取された尿サンプルの80%以上に、癌に関連する除草化学物質が含まれていました。

続きを読む
1反応 シェア

私たちにとっては良いニュース、バイエルとグリホサートにとっては悪いニュース

家族のために立ち上がるモンサントや農業に反対する機会はないと言われたとき、私たちは耳を貸しませんでした。私たちの母親は、子供や家族を守ることが、恐れ、慰めへの欲求、成功を超えていることを知っていました。私たちは試してみなければなりませんでした。私たちは努力しなければなりませんでした。私たちの家族のために立ち上がらないということは、私たちの誠実さを先取りすることを意味しました。それは選択肢ではありませんでした。

固執したのは私たちだけではありませんでした。 Center for Food SafetyBeyond Pesticides、Organic Consumers Associationなどの組織は、はるかに長い間、食料供給を保護するために集会、訴訟、および請願を行ってきました。ですから、今日、私たちは、モンサントらが未来を創造しているすべての擁護者、弁護士、非営利スタッフ、グループ、市民を祝福し、認めます。健康的で毒性のないホールフーズが豊富で、すべての人にとって手頃な価格である、時代遅れです。まだまだ長い道のりですが、今日は過去3週間で3回の大勝利を祝います。

続きを読む
7反応 シェア

韓国のイニシアチブは病気の予防に役立つ食品にラベルを付けています

韓国国旗新しくて刺激的なものがあります iCoopによる韓国でのイニシアチブ 生活習慣病の予防に役立つ食品にラベルを付ける。このイニシアチブは、腫瘍、DNA変異、アレルギー反応、およびさまざまな健康への有害な影響を引き起こすことが示されているGMOのラベル付けを政府が拒否したことにうんざりしている消費者によって引き起こされました。韓国の消費者擁護派は、十分だと言って、「元気だ」と言って攻撃を続けました。それなら、病気を予防する食品にラベルを付けます。

続きを読む
1反応 シェア

食品業界からの最新の本当に悪いアイデア

GMO鶏と蜂蜜

イノベーションは一般的にすべての市場で支持されており、ビーガン、気候変動、環境などの問題解決は高く評価されていますが、科学者がこれらの原因の名の下に交差している線があり、それはしばしば行き過ぎです。 「多すぎる、遠すぎる」という領域に踏み込むのは、安全衛生への影響を遮る目隠しをつけて新製品を作るときです。

続きを読む
1反応 シェア

裁判所は、グリホサートに関するEPAのシャークされた義務を言います

今日の歴史的な勝利!

食品安全センターから:

サンフランシスコ—日、農業労働者と環境の歴史的な勝利において、第9巡回区控訴裁判所 両面 有毒な農薬グリホサートは人間と危うい野生生物にとって安全であるという環境保護庁(EPA)の決定を覆すことにより、食品安全センター(CFS)とその代表的な農業労働者および保護クライアントと協力しました。グリホサートは、世界で最も広く使用されている農薬であるモンサントバイエルの主力製品であるラウンドアップ除草剤の有効成分です。

54ページの意見では、「EPAはグリホサートが癌を引き起こすかどうかを十分に考慮しておらず、絶滅危惧種法(ESA)に基づく義務を怠った」ため、トランプ政権によるグリホサートの2020暫定登録は違法であるとされました。食品安全センターに代表される訴訟の申立人には、農村連合、フロリダ農民協会、カリフォルニア・デ・リデレス・カンペシーナス組織、および農薬を超えてが含まれていました。統合されたケースは、天然資源防衛協議会が主導し、農薬アクションネットワークが含まれています。

読む 記事全文はこちら

続きを読む
1反応 シェア

USDAは、有機食品、地元の食品へのアクセス、および医薬品としての食品に驚くべき取り組みを行っています

水曜日に、5月 31, 2022、米国農務長官のトム・ビルサックは、 主な発表 食糧供給を変革するための枠組みへの資金提供について。サプライチェーンの問題を変化の推進力として参照し、ビルサックは、徹底的に実施された場合、さらなるサプライチェーンの問題を減らし、何百万人もの健康的な有機食品へのアクセスを増やす包括的な計画を打ち出しました。

続きを読む
5反応 シェア

警報研究は、携帯電話の使用を骨密度の低下と治癒障害に結び付けます

ArthurFirstenbergsのニュースレター「 地球と宇宙で5Gを止めるための国際的な訴え、 そうすることを強くお勧めします。

彼の最新のニュースレターでは、彼は多くの重要な主題に触れています。携帯電話の使用が骨密度の低下と治癒障害に寄与することを示す研究の問題に注意を向けたいと思います。これらの驚くべき研究は、携帯電話を使用する、ズボンのポケットに入れる、もろい、骨折を避ける、または子供や骨の発達を正常に進行させたい人にとって不可欠です。

をチェックしてください 完全な記事はこちら。

続きを読む
1反応 シェア

ビール中のグリホサートとGMO?

ドイツビール中のグリホサート:新しいテスト 

ドイツ人はビールの品質に真剣に取り組んでいます。ビールのブランドは無数にありますが、品質のレベルはすべての醸造所で同じではありません。

ÖKO-TEST(ドイツのConsumer Reportsに相当)による最近の調査では、テストした50ドイツのビールブランドのうち12で、ビールに微量のグリホサートが含まれていることがわかりました。オーガニックブランドのみが検出可能なレベルを示しませんでした。 

ÖKO-TESTスタディから詳細を読むことができます ここ、ただしドイツ語なので、Google翻訳のような翻訳ツールが必要になる場合があります。調査結果を分析するときは、ここを読み続けてください。

一方、 2020の7月、カナダの2番目の穀物加工業者は、オーツ麦の品質が低下しているため、施設での乾燥剤(乾燥剤)としてグリホサートを噴霧したオーツ麦の処理を制限していました。乾燥剤としてグリホサートを噴霧することが多いさまざまな穀物で作られたビールにグリホサートが含まれている場合は、製品の品質が低下する可能性があることを示しています。

続きを読む
1反応 シェア

ここでフォローしてください

日本語EspañolEnglish