<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=337111513811540&ev=PageView&noscript=1" /> CDCがついにテスト-アメリカ中のママ

CDCは最終的に人間のグリホサートをテストします

ついに。

Moms Across Americaがアメリカで最初の市民資金によるグリホサートテストを開始してから9年後、 子供の尿、水道水、母乳、EPA、FDA、CDCにグリホサートの検査を依頼してから9年後、CDCはついに検査を行いました。

最近 記事 ガーディアンの記事で結果が報告されました:

米国の健康調査で子供と大人から採取された尿サンプルの80%以上に、癌に関連する除草化学物質が含まれていました。

レポート 米国疾病予防管理センター(CDC)のユニットによると、米国の人口を代表することを目的としたアメリカ人のグループから採取された2,310の尿サンプルのうち、1,885には検出可能な微量のグリホサートが混入していることがわかりました。広く使われているラウンドアップブランドをはじめ、世界中で販売されている除草剤の有効成分です。参加者のほぼ3分の1は、6歳から18歳までの子供たちでした。

Glyphosate has been found at alarming levels in hummus, pita, oats, peas, eggs, wheat products, beer, wine, orange juice, vaccines, cotton sanitary products, and thousands of food samples. The widespread contamination of glyphosate has long been known to contribute to our skyrocketing health issues.

グリホサート試験2014の初期、尿、水道水、母乳の初期テストがリリースされると、 アメリカ中のママと持続可能なパルスは以下を求めました:

  • 販売および使用されているグリホサート除草剤製剤が持続性、生体蓄積性、または毒性がないことを確認するための適切な長期独立試験。このテストには、子供の健康に最も関連する結果を含める必要があります。
  • 米国議会は、健康への影響、人体への侵入方法、人、動物、環境への現在の蓄積レベルなど、グリホサート除草剤製剤に関する緊急に必要な長期の独立した研究に資金を提供する必要があります。これまで規制当局の認可を得るために実施された研究では、分離された成分であるグリホサートのみがテストされており、販売および使用されている完全な製剤はテストされていません。また、これらの研究は農薬業界によって資金提供されています。つまり、独立していません。最後に、それらは商業的機密保持規則の下で秘密にされているので、独立した科学者や一般の人々が精査することはできません。

グリホサート試験それ以来、人間と動物におけるグリホサートの存在に関する多くの研究が行われ、ガーディアンは、研究が行われた科学者ポールミルズを含むいくつかを指名しました 2017で公開 カリフォルニア大学サンディエゴ医科大学の研究者が 人々が一般的に消費する食品中のグリホサートが人間の健康に与える影響を徹底的に調査するための「緊急の必要性」。

アメリカ全土のママは、CDCのスタッフがこの重要なテストを実行することを決定したことに興奮しています。私たちは、彼らが経験しているかもしれない企業の圧力にもかかわらず、グリホサートの汚染の現実に取り組む彼らの勇気を称賛します。

米国の人口の大多数が自分の体にグリホサートを持っていることを(もう一度)見つけることには大きな影響があります。 

グリホサート試験ドイツの科学者モニカ・クルーガーによる研究に注目することは非常に重要です。 グリホサートは収集します グリホサートを噴霧した穀物を摂取した家畜の骨髄、腱、筋肉組織。この研究はまた、より高いレベルのグリホサートが病気の人間に存在することを示し、グリホサートの消費と世界中の国々での健康危機の増加との間に相関関係があることを示しています。さらに、グリホサートが 癌、肝臓および腎臓の病気、生殖への影響、流産、女性の男性化、精子の破壊を引き起こし、 

「新しい」CDCの調査結果は、要求されてから9年後、EPAとFDAがグリホサートの食料供給への使用を許可してから40年以上経過した後でも、これまでになく優れています。しかし、対応は「緊急」とはほど遠いものであり、彼らの遅れの影響は広範囲に及んでいます。

健康保険会社、「天然」製品で検出されたグリホサートの存在のために訴訟を解決するために未知の数千ドルを支払わなければならなかった食品の製造業者、消費者、およびグリホサートの大量使用のために苦しんでいる農民はおそらくすべて今このニュースによってEPA、FDA、CDCが行動し、最終的にアメリカ人を保護するのではないかと考えています。

科学は、アメリカの人々と環境を保護するために取られるべき唯一の行動は、グリホサートの免許を取り消すことであることを示しています。空気中を漂流し、水溶性であり、飲料水や土壌を何年にもわたって汚染し、食品を洗ったり、乾燥させたり、調理したりすることはありません。 

グリホサート試験A recent lawsuit by the Center for Food Safety and allies resulted in the Supreme Court ruling denying the previous interim approval of glyphosate. The EPA was court-ordered to review additional studies and come to a final decision about renewing or revoking the license of glyphosate by 10月 1, 2022, 13 years after they began the review. Their own policy states that they cannot authorize a chemical for use that poses a significant impact on the environment. According to their own policy, they cannot renew the license of glyphosate.

No matter what they decide, we hope it is now abundantly clear that farmers, landscapers, and backyard gardeners risk too much when using glyphosate.  They have many other safe choices. We hope it is overwhelmingly obvious that, due to skyrocketing health care costs, a devastating decline of endangered species, and impact on future generations, America cannot afford glyphosate. It is not only too rich for our blood, it is far too costly to be in our urine, our bodies, and our environment.

Moms Across America urges you to once again demand that the EPA and Congress take immediate action and revokes the license of Glyphosate. We cannot continue to allow the use of this incredibly harmful chemical on our crops, communities, or environment for any reason, nor at any amount.

Click here and send your comments directly to the EPA and your Congress members.


1反応を表示しています

アカウントを有効にするためのリンクについては、電子メールを確認してください。
  • トッド・ハニーカット
    このページを公開しました ブログ 2022-07-11 09:12:36 -0400

ここでフォローしてください

日本語EspañolEnglish