グリホサートに関する新たな発見:科学的研究が家族の悪夢を示している-アメリカ中のママ

ラウンドアップ(グリホサート)は何ですか? :新しい研究

「農家の家族のグリホサート暴露」

Journal of Environmental Protection, 2012, 3, 1001-1003 doi:10.4236/jep.2012.39115 Published Online 9月 2012 (http://www.SciRP.org/journal/jep) 1001

以下の研究は、アメリカの健康危機を説明しています。本当に本当に。これで終わりです...治療法の検索はすべて終了しました。これらの研究は原因を示しています。そして母として、私は最終的に知ることに激怒し安心しました。今、私たちはそれについて何かをすることができます。オーガニックを食べて情報を共有する理由があった場合、これがそれです。

グリホサートは一般的な言葉ではないかもしれませんが、ラウンドアップ*はそうです。あなたはおそらくあなたの雑草にそれをスプレーするか、あなたの隣人はそうしす。あなたの子供の学校は間違いなくそうです。あなたの街はそれをあなたの歩道や公園に散布し、あなたの食べ物を育てる農民は、アーモンドの木、果樹、イチゴ、アメリカで栽培されているほとんどすべての非有機野菜を取り巻く地面にパンをスライスして以来、最高のものだと言われています。ラウンドアップは、世界で最も広く使用されている農薬であり、米国では毎年185百万ポンド(1)が使用されており、グリホサートは有効な化学成分です。

Not only is it sprayed on the soil, the chemical is drawn into it root system and plant, it is also now being sprayed the GMO plant in ever increasing doses and it is absorbed into every cell of the plant. It's called "Roundup Ready”. The problem is, that means it is in our food, potentially for 14 years plus, it cannot be washed off, and the food is not labeled.

あなたは既にこれを知っているかもしれません...しかし、あなたが知らないかもしれないことは、グリホサートの影響が遺伝子組み換え食品と同じくらい潜在的に有害であるということです。環境保護ジャーナルに掲載された「農民の家族のグリホサート暴露」というタイトルの公開された科学的研究を査読しました。これはアメリカでは広く普及していませんが、アメリカ中のママたちは、グリホサートが誰よりも人間に害を及ぼすことが証明されていることを発見しました。 

The family in the study lived 1.5 miles away from their fields that were sprayed with Roundup. The father would spray the fields, come home and wash his hands thoroughly, but not take a shower. Apparently he hugged his children, because the levels of glyphosate found in their urine were far above what has shown to be toxic in animals. The glyphosate level in the  father's urine was 9.5 ppm and the children's was 2 ppm. It is scientifically documented that infertility is caused by glyphosate at .5 ppm and endocrine disruption (which causes birth defects) is caused by glyphosate at .2 ppm.

 農夫と彼の妻には、穴の開いていない肛門、成長ホルモン欠乏症、尿道下裂(男性の陰茎の開口部の尿道が最後ではなく下側で、代わりに横に沿っている)、心不全および微小を含む2人の子供がいました陰茎。

 

また、グリホサートと、GMOが食物供給に導入されて以来、西洋文化で急増している多くの病気を結び付ける新しい科学的研究も行っています。 

 "Glyphosate’s Suppression of Cytochrome Enzymes and Amino Acid Biosynthesis by the Gut Microbiome: Pathways to Modern Diseases" states that glyphosate residues have been found primarily in corn, sugar, soy and wheat. Good God, that is practically in everything all of us eat!

「結果は、胃腸障害、肥満、糖尿病、心臓病、うつ病、自閉症、不妊症、癌、およびアルツハイマー病を含む西洋食に関連する疾患および状態のほとんどです。グリホサートの文書化された効果とその誘発能力を説明しますグリホサートは外因性記号論的エントロピーの「教科書の例」である:環境毒素によるホメオスタシスの破壊。

 科学研究で公開されたこの新しい48ページは広範で複雑です。私は母親として、これらの科学的報告書を精査し、「プロトカテク酸や没食子酸などのシキミ酸由来の安息香酸の量が増加している」という文を解読しようとするよりも、子供たちと一緒に生地を遊んだり、無愛想なトイレを掃除したりすることを望んでいますグリホサートにさらされた植物にも見られます。」

 したがって、これ以上苦労することなく、これらの研究を投稿して、皆さんが理解できるようにします。私が知っているのは、グリホサート=私の家族への害です。だから人を止めろ!私の食べ物にスプレーするのをやめ、学校の遊び場にスプレーするのをやめ、都市公園でスプレーするのをやめます。そして、あなたの市議会、あなたの代表者、あなたの議員/女性に伝えてください。この報告書を彼らと共有し、この化学物質の使用をやめるよう要求してください。安全性を誤ること以外の理由がない場合。これらは私たちが話している家族です。

雑草を抜くために誰かが必要ですか?彼らはコミュニティサービスプロジェクトを必要とするボーイスカウトと呼ばれます。ボーイスカウトによる有害な副作用はありません。

 

禅ハニーカット 

 

 農民の家族研究ページ1に害を及ぼす

 農民の家族研究ページ2に害を及ぼす

 農民の家族研究ページ3に害を及ぼす

 

グリホサート/現代病研究ページ1

グリホサート/現代病研究の発見ページ29

グリホサート/現代病研究の結論ページ30

For the full report ( which is 48 pages long and too big of a file for my site) go to www.mdpi.com/journal/entropy

(1)http://www.beyondpesticides.org/pesticides/factsheets/Glyphosate.pdf最新の2007レポートから)

* Roundupはモンサントの登録商標です


14反応を表示しています

アカウントを有効にするためのリンクについては、電子メールを確認してください。
  • ルース
    このページをフォローしました 2016-09-29 11:46:24 -0400
  • ルイ・タッシュ
    コメントした 2016-01-20 12:33:45 -0500
    私は過去9年間、胃腸の問題で病気でした。これらの問題を抱えてい友人の多くが、友人がヨーロッパに行ってパンを食べてビールを飲み、病気にならないのを目撃しています。しかし、この国に戻ってすぐに2週間以内に病気のパターンに戻ります。これは、過去9年間の私の人生を破壊します。自分の家で私を囚人にしました。私はモンサントに自分の条件を直接責任を負わせています。消化器系全体が、私が死にかけた時点で、すべてのタンパク質炭水化物と脂肪の処理を停止します。私は現在、米国史上最大の集団訴訟を開始しようとしています。腸に関連した問題を抱えている人は誰でも、Facebook Lours Tash経由で私に連絡してください。今こそ、彼らが私たちの子供と私たちを殺しているこの狂気をやめさせ、彼らは気にしません。彼らは嘘をつくだろうし、盗むだろうし、モンサントは世界中でモンサントのせいで毎日何度も自殺していることが証明されている。モンサントは、本質的に私たちの食物連鎖に持ち込まれ、この全国の食料品店の大部分によって配布された毒の製造です。私は複数の法律事務所に連絡し、私たちは前進します。私たちの子供たちは、ただ噛んで食ようとするとき、彼らを毒する国よりも良い国に値します。
  • 亜鉛キッド
    コメントした 2013-06-13 02:21:08 -0400
    I’m all for GMO labeling, but there is no “textbook example” of “exogenous semiotic entropy”, the term was made up out of thin air in the report. It’s complete hogwash.
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-05-03 10:44:55 -0400
    私は母親なので、これは私にとってあまりにも多くの質問を提起している、そして私はちょうど慎重の側で間違って、私の家族のために農薬なしで食べ物を買う-業界の人々がどれだけ安全だと言っても。ここに事実があります。私はあなたを信じていません。あなたはそれらを食べます。私は子供が大好きだからです。
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-25 16:39:41 -0400
    peer reviewed and published. Bt toxin in pregnant women and fetuses. The big chemical ag companies say it cannot survive in our bodies. False. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21338670
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-25 16:33:05 -0400
    Antibiotic use on blossoms was NOT RENEWED- so it will be DISCONTINUED in 2014. Not a good idea, I agree!

    When the U.S. Department of Agriculture’s national organic labeling standards went into effect in 2002, the two antibiotics were listed as synthetic materials approved for use in organic apple and pear production. Items on that list are revisited on a periodic basis. The notion behind the exemption for these two fruit crops was that, in between reviews, growers would devise effective non-antibiotic-based methods for controlling fire blight.

    But the antibiotic exemption is set to expire in 10月 2014. This week, the National Organic Standards Board is meeting in Portland, Ore., to decide on a petition from organic growers to extend that exemption. Consumers Union, the policy arm of Consumer Reports, is among the groups who say the answer should be a resounding no.
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-25 16:21:35 -0400
    I know I am weird, but I prefer my corn without Roundup, OR lab produced Bt toxin.
    Here is the study of Bt toxin in pregnant women and fetuses. Nice.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21338670
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-25 16:04:31 -0400
    Just label it. We have that right. Here is the list of countries who are AHEAD of us on this issue. (Some are embarrassing.) Really, Russians and Chinese have more rights than we do? Really?

    1998: Europe

    European Union countries beoame the first to embrace labeling for genetically modified food. Companies must label all other food products and animal feed made with more than .9% of ingredients derived by genetically modified processes (including additives and flavorings). Current laws don’t cover genetically modified animals used as food (not yet on the market in Europe), though the European Food Safety Authority is currently working on proposed future guidelines.

    2001: Japan, Australia, New Zealand

    Australia and New Zealand’s laws target a slightly higher threshold than Europe and Russia (1%), while Japan’s laws allow a much higher GM threshold of 5%. Also, Japan’s laws aren’t comprehensive, but rather target a legally specified list of food items and ingredients known to sometimes contain GM content. New introductions would need to be added to the list.

    2002: China, Saudi Arabia, South Korea

    Initially, China��s labeling law resembled Japan’s, requiring labeling of only certain known categories of genetically modified products derived from corn, cotton, rapeseed, soybeans, and tomatoes. In 2007, this law was expanded to stipulate that all GM foods must be labeled (no minimum threshold stipulated). Saudi Arabia, which relies heavily on food imports, follows the 1% threshold, maintains a legally specified list of food items, and exempts restaurants from labeling. South Korea adopted a 3% threshold, and only for products containing GM soybean, corn or soybean sprout.

    2003: Thailand, Indonesia

    Thailand’s labeling law requires that a food product that lists a GM ingredient as one of the top three ingredients must be labeled, and then only if the GM content accounts for more than 5% of the total product by weight. Indonesia’s labeling law also follows the 5% rule, without the “top-three” stipulation. Animal feed is exempted in both countries.

    2004: Brazil, Venezuela

    All human and animal feed containing more than 1% GM ingredients must be labeled.

    2005: Taiwan

    After a three-part phase-in, Taiwan institutes a 5% threshold labeling law for products containing soy or corn.

    2006: Russia, India, Chile

    Russia’s laws on GM food mirror those of the European Union, including the .9% threshold for food products, but make an exemption in allowing GM animal feed to be sold without a label. One of the most stringent proposals for GM labeling in existence, India’s “draft rule” published in 2006 would require labeling for all “primary or processed food, food ingredients, or food additives.” Six years later, controversy around this language still prevents the draft rule from being codified into law.

    2011: South Africa

    South Africa introduces labeling for all GM products, using the 5% threshold.
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-25 15:13:21 -0400
    61世界中の他の国々にはこの権利があります-食品が遺伝子組み換えされ、特別な農薬やバクテリアで育てられているかどうかを知る権利があり、ラベルを変更する費用はかかりません。シンプルでシンプルなラベルが必要です。
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-25 15:03:47 -0400
    I can and do say no one is paying me anything. I love children. My children’s food allergies and autoimmune issues have been greatly reduced since going off of GMOs. I will tell EVERY MOTHER that this is so. No mother would defend NOT KNOWING what is in her family’s food. No one. I want to know what is in our food supply. Last I checked, it is still a free country. Label GMOs :)
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-25 13:01:42 -0400
    自然に発生するBt毒素の半減期は非常に短いです。ラボで生産されたその種ではそうではありません。 GM Bt毒素 する 私たちの体で生き残ります。これを見てください: http://www.gmwatch.org/latest-listing/50-2011/13047-bt-toxin-found-in-blood-of-pregnant-women-and-fetuses
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-25 13:00:17 -0400
    Roundup is what they spray on your food. They are dumping thousands of gallons of the stuff on our farmlands. Google it. More every year. Record profits for the poison companies as the weeds are becoming more and more resistant. Roundup (glyphosate plus other nasties) kills everything BUT that genetically altered plant. Do you really want to feed that food to your kids? Glyphosate harms life. Period. GMO foods contain herbicides and pesticides. End of story. Do you believe that they are good for your kids? I don’t. I will take organic every time.
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-25 12:53:56 -0400
    Deb Herring and Madeline Cox are trolls, probably paid per message.
    Listen to the industry, or listen to moms who have seen their children’s health improve with the removal of GMOs from their diet. Who has YOUR best interest at heart?
  • キャスリーン・ハラル
    コメントした 2013-04-18 12:36:44 -0400
    This is an OUTRAGE. We cannot have this pesticide around our children and in their food ANY MORE. We finally have proof. No doubt the corporate-sponsored scientists will come and bash this study, too, but we have to argue that we must trust the independent scientists. We need labels so that we can at least avoid these toxins in our food. Why should they be hidden?

Follow Us Here

-->
日本語EspañolEnglish