<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=337111513811540&ev=PageView&noscript=1" /> Autism and Glyphosate ( RoundUp) Link : A Mom's Theory - Moms Across America

自閉症とグリホサート(ラウンドアップ)リンク:ママの主張


2人の子供のうち1は、過去および現在の診断に基づいて2025年までに自閉症になると予想されています。この衰弱状態の増加は、家族、私たちの医療制度、私たちの経済、そして私たちの国の未来に壊滅的です。
その科学者を読んだとき サムセルとセネフ自閉症と遺伝子組み換え食品に噴霧されたグリホサートとの関係については、私が見つけられるすべての研究に飛び込んだ。私は数え切れないほどのビデオを見て、文書化された事実を収集しており、ここに投稿するためにほんのいくつかを選択しました。それらはべて、自閉症やその他の発達障害を引き起こすワクチンに焦点を当てていますが、ミッシングリンクがあると思います。
これらの事実を考慮してください:
親や医師によって自閉症に関連付けられているThemerisol(水星)は、1929以来ワクチンに含まれています。 (1)
それでも、自閉症の症例は数十年間非常にまれでした。
ビデオを見ると、中途半端に90で医師のオフィスが突然自閉症の子供たちであふれていたそうです。
後半の90で何が起こったのですか?さて1996では、GMOが私たちの食料に投入されました。ほとんどのGMOは除草剤に耐えるように遺伝子組み換えされています(または、DNAに毒素を注入してそれを食べるバグを殺すため、農薬として分類されます)。ナンバーワンは除草剤を使用し、ラウンドアップは現在ヤーあたり20億ポンドの割合で使用されています。
この化学物質は、3つの方法で身体に影響を与える可能性があるため、最近自閉症に関連付けられています。 (2)
1)免疫系の拠点である有益な腸内細菌を破壊します。善玉菌の厚い層がなければ、穴や「漏れやすい腸」が形成され、アレルギーや炎症が発生します。また、善玉菌がなければ、体はトリプトファンを生成できません。トリトファンがなければ、体は、糖尿病、肥満、双極性、うつ病、および行動障害を防ぐために必要なセラトニンとゲリンを生成できません。
2)グリホサートは肝臓の解毒能力を阻害し、体内に毒素を蓄積させます。
3) グリホサートは、血液脳関門を破壊し、毒素を脳内に侵入させます...環境やワクチンに見られるような毒素。
私のポイントは、自閉症の子供たちの洪水は、このグリホサート(科学者は現在、脳への毒素を許可する)が私たちの食物供給を汚染することを許されたと同時に起こったということです.
EPAのWebサイトでは、非有機食品の160が、ガンや臓器の損傷を引き起こすことが示されているレベルをはるかに超える毒性レベルのグリホサートを持つことが許可されていることを示しています。現実は、私たちの非有機食品はグリホサートで汚染されており、私たちの子供たちはこれまで以上に病気です。 (3)  こちらのリストをご覧ください。
上記のビデオに示されているように、6人の子供のうち1人が発達障害を患っています。自閉症関連の状態 パンダ 、OCD、BiPolarなどが増加しています。私たちの食品での農薬の使用と許容レベルは、わずか1年で30-300%上昇しました。現在、食品の80%がGMOであり、USA World Health Reportによると、自閉症が理解を超えて急上昇している、健康の最も先進的な17先進国の最後にランクされています。
一致?
これは、多くの予防接種研究が、ワクチン中の水銀が自閉症を引き起こさないことを単独で示している理由を説明できます。それ自体では、おそらく脳に浸透しない...しかし、血液脳関門を破壊するグリホサートと組み合わせてはどうでしょうか?
これを考慮してください...私は医者ではありませんが、お母さんには常識があります。特に彼らの免疫系がGMOと農薬/除草剤によって繰り返し攻撃されている間、子供たちに毒素殺虫剤を与え、子供たちに有毒なワクチンを注射することは危険です。
この投稿はテストの募集です。この議論に同意しない場合は、環境への影響の一部としてグリホサートを含むいくつかのテストを実行し、その存在下で脳への毒素の吸収が増加しているかどうかを判断します。
子どもの健康とワクチンに関する世界有数の専門家はこちらをご覧ください。ウィークリーウィメンズGMOフリーニュースグーグルハングアウトで、来週の金曜日27 thにアンディウェイクフィールド自身とのインタビューにご期待ください。
ワクチンの歴史と現在の裁判所制度を説明するビデオをご覧ください。
特にあなたの子供がアレルギーや喘息などの免疫システムがすでに損なわれている場合は、複数のワクチンを再検討し、有機食をしてください。
よくなって、
禅ハニーカット
RoundUpはモンサントの登録商標です。モンサントは化学会社であり、エージェントオレンジを製造し、現在では種子の大部分を所有しています。彼らは遺伝子組み換えの食用種子と農薬と除草剤を作り、それらに噴霧します。
(1)Desotoらによる文献の独立したレビューは、科学研究の74%が、チメロサールとチメロサールを含むワクチンと自閉症との関連を支持していることを示しました。リンクがないという主張をするのは、CDCやその他からの広報メッセージです。 
(2)グリホサートと現代病に関するサムセルとセネフの論文:   http://www.mdpi.com/1099-4300/15/4/1416

7反応を表示しています

アカウントを有効にするためのリンクについては、電子メールを確認してください。
  • ルース
    このページをフォローしました 2016-08-25 16:36:28 -0400
  • Robert Miles
    コメントした 2016-06-17 20:37:18 -0400
    Note that a large percentage of vaccines now use aluminum, not mercury.
  • Judy Converse MPH RD LD
    コメントした 2015-01-10 12:16:46 -0500
    Another whammy that hit our children starting in 1991 was giving the first genetically modified vaccine ever invented… to newborns.. on the day of birth. There were three firsts here: Humans had never been given a GMO vaccine before. Humans had never been routinely vaccinated on first day of life. And babies had never received hepatitis B vaccines of any sort before.

    Hepatitis B vaccine is made by genetically modifying Saccharomyces cervevisae (a type of yeast found in foods) by inserting hepatitis B viral DNA into this yeast, so the yeast replicates a facsimile of the virus. S. cerevisiae antibodies are linked to inflammatory bowel disease like Crohn’s disease, which has also exploded for incidence since the ‘90s in children. Throughout the ’90s, Recombivax (Merck’s version) and Energix B (GSK’s product) also contained an adult dose of mercury (12.5 micrograms – oops). This came to light in 1999 in Congressional hearings, in which I testified. Neither maker was ever fined or penalized in any way for this egregious error. They were simply quietly told to let existing mercury-poisoned stock of their products sell out, and to stop making it with so much mercury. Mercury-laced, GMO vaccine was thus still given to newborns on the first day of life through 2001 or so.

    Hepatitis B vaccine alone could thus be responsible for a good portion of kids crumbling under autism, dying of SIDS, and more. Add a GMO infant formula, a few antibiotics, and a few other shots et voila – a sure-fire recipe for autism, SIDS, autoimmune disorders, asthma, allergies, ADHD, and more.

    Why did this ridiculous policy to vaccinate newborns for a disease they were not getting ever evolve? Was it safety-tested? Spoiler alert: It wasn’t because US infants needed the shot, and, uh, not really. I dug into this story and published it in 2002 – after this shot nearly killed my son. “Hepatitis B Vaccine and Autism: When Your Doctor Is Wrong” is still out there for parents ready to hear about what really goes on behind the scenes in pediatrics practice and policy, and what it means for your kids.
  • Van Huebner
    コメントした 2014-08-28 12:02:44 -0400
    The following is a letter of intent I wrote to my school district with regard to herbicide, pesticide and fertilizer usage by groundskeeping: "How’s this for a start: ( any editorial advice is welcome, btw): “Greetings,
    As a concerned parent, public school servant and recent employee I’ve grown greatly alarmed over the last decade at the excessive use of herbicides on school grounds, especially in areas where there is a concentration of students, the playground and tracks, that is.
    There has been some discussion in public forums as well as indications from peer journals that environmental poisons such as these as well as fertilizers may be responsible for increased incidents of jeopardized health, such as breathing disorders, but autism in particular. I strongly believe we are foolish to label such disorders as genetic or allergic reactions when in fact we are skirting the issue; and the issue is our neglecting to challenge our accustomed ways of thinking as evident in our trying to control nature by spreading contaminants - poisons that in most cases are the cause of our health problems which we mistaken as human weaknesses.
    All these incidents should immediately flag any use of poison where children congregate for periods of time as a flagrant violation of precautionary principles as well as a serious misallocation of expenditure.
    So, to be fair, I am informing you that this is not just my concern but that of many other parents and community members, and that I look forward to presenting you, the district and state government with a petition to discontinue use of herbicides, insecticides and fertilizers during the academic year.
    Thank you for your time,
    sincerely, Van A. Huebner”
  • Susan Dixon
    コメントした 2014-02-14 09:16:38 -0500
    This short video has validated what I have learned and believed for over the past 20 years. As a teacher for over 36 years and a mom of 3 sons who were not in the era of increased vaccines, I have Always connected the increased vaccines and power of the pharmaceutical companies in this country. We need to be Terrified of the future for our young children, everyone needs to understand the change in legislation that has singled out vaccines to be immune from litigation, this is all telling when the lobbyist for drug companies win such a major change that most of the public is not aware of. If parents would return to the basic immunization schedule that was used before 1980 I really believe we would see a serious decline in autism and kids on the spectrum.
  • シャノンカニンガム
    コメントした 2013-09-30 16:30:25 -0400
    Sharing this everywhere! Thank you so much fkr your effort in contribution &out awareness.
  • ベッシー・スミス
    コメントした 2013-09-24 14:09:22 -0400
    Has anybody thanked Jenny McCarthy yet?

ここでフォローしてください

日本語EspañolEnglish