More Roundup Found in USA Mom's Breast Milk - Moms Across America

米国で発見された総まとめ

胸肉_feeding_2.jpg

アメリカ中のママたちは、母親に赤ちゃんに母乳を与えるよう勧めています。乳児が必要な栄養、善玉菌、絆を得ることができる一番の機会です。また、妊娠中の母親と授乳中の母親に、できるだけ多くの有機食品を食べ、遺伝子組み換え作物や有毒な農薬を避けるように勧めます。

ペンシルベニア州のGMOフリーランカスター郡非営利団体は本日、12の母親のうち1が75 ppbの検出可能性レベルでグリホサートの検査を受けたと発表しました。

Gmo_free_big_logo.jpg

Zoe Swartz, Moms Across America East Coast leader, GMO Free Lancaster County Executive Director and coordinator of the testing, reported that 6 out of 12 ate organic. ��Jen, the mother whose levels were 91 ppb, did not eat organic. Jen worked on a farm and sprayed Roundup/glyphosate on her farm while she was pregnant, thinking it was safe. Her 4 month old infant has neuroblastoma cancer. This is especially concerning considering that the World Health Organization has deemed glyphosate a Class 2 "probable carcinogen". Of course we cannot know if glyphosate is connected to Jen's infant's cancer, but we are extremely concerned. Scientists who have just learned of this information have commented that is is very likely that glyphosate could have caused this infant's neuroblastoma. This is heart breaking.

It is important to note that the other 11 mothers who tested negative at levels above 75 ppb, may have glyphosate in their breast milk. Testing of tap water found levels of glyphosate at .33 ppb and in urine, as high as 20 ppb. Glyphosate has been found in 70-100% of samples of soil, water and air. Glyphosate levels are allowed by the EPA on 160 of our food; 5 ppm is allowed on potatoes, 13 ppm on corn, 25 ppm on sugar and  40 ppm in oils. The method used for testing commissioned by GMO Free Lancaster County in PA could not detect below 75 ppb and further testing is being coordinated to get a more accurate reading of the contamination of glyphosate in the American people.

グリホサートは、世界中のラウンドアップおよび750他の除草剤製品の有効な化学成分です。それは世界で最も広く使用されている除草剤であり、庭、歩道、通り、校庭で使用され、成長期に乾燥剤としてGMO食品に、また非GMO食品に乾燥剤として直接散布されます。 。1 ppb程度のグリホサートレベルは腸内細菌を破壊することが示されており、。10 pptは乳癌細胞の成長を促進します。グリホサートは、独立した科学者によって、非ホジキンリンパ腫、自閉症、パーキンソン病、内分泌かく乱を含む多数の病気と結び付けられており、胎盤細胞死を引き起こすことが示されています。グリホサートは、かつて安全だと考えられていましたが、人類がこれまでに生産した中で、最もではないにしても、最も潜行性で有毒な化学物質の1であることが証明されています。

グリホサートは、315日間、暗い塩水で生存可能であることが示されています。私たちの子宮には暗い塩水が含まれています。

グリホサートは、 5.2 ppmを超えるレベルで、6週齢の胎児のサイズである白いエビを殺すことも示されています。

25 ppmは、アメリカで最も一般的に消費される成分の1つであるEPAによって砂糖に許可されています。現在、私たちは記録された歴史の中で最も不妊と先天性欠損の割合が高く、まだ生まれた死が増えています。考えられる相関関係は恐ろしいものです。予防策を講じるために何も行われていないことに母親はthatりす。父親も声を上げています。

祖父で農夫の教育者であるハワード・フリーガーは、「グリホサートはDDTをうがい薬のように見せようとしている」と述べています。

ドン・フーバー博士は、グリホサートのキレート効果について話すとき、「グリホサートは、あらゆる生物の重要な栄養素をキレート化するか、利用できないようにします。植物の免疫システムを弱めます。本質的に植物のエイズを与えます。」

私たちの赤ちゃんは、この化学物質にさらされているときに、どのようにして適切に成長し、発育し、がんや慢性疾患から身を守ることができますか?

グリホサートの主要生産者であるモンサントは、彼らの化学物質を主張した。 PCB、DDT、およびAgent Orangeは安全でした。彼らはまた、母乳が「アメリカ中のママ」、「サステナブルパルス」およびドイツの母乳の発見にもかかわらず「グリホサートを含まない」こと、そしてグリホサートが正しく使用されれば安全であると主張しています。彼らはこれらの発見に挑戦します。私たちは、PA市民がその時点で利用可能な最善の方法で行われた最新の調査結果が、科学界で真剣に受け止められるために第三者による検証を必要とすることに同意します。 EPAがこれを行わなかったのはなぜでしょうか?世界で最も広く使用されている除草剤の安全性が、ママのグループと化学会社によって議論されているのはなぜですか?規制当局と選出された指導者はどこにいますか?

子供を保護したい母親には、それ以上の検査は必要ありません。グリホサートが非有機食品に噴霧され、すべての研究でグリホサートによる害が示された場合、母乳の所見の特定のレベルに関係なく、予防策を講じ、有機を食べることでグリホサートを避けることを選択しました。私たちの体や食物には、グリホサートが一切含まれてはいけません。

特に、妊娠を計画している女性、妊娠中の母親、授乳中の母親には、できるだけ多くのオーガニック食品を食べるようにお願いします。幸いなことに、研究により、農薬の90%が1週間以内に、100%が2週間以内に体内から排出されることが示されています。この記事で言及されているすべての研究は、当社のWebサイトのDATAにあります。 www.momsacrossamerica.com。

プライバシーのために名前を省略できる場合は、ラボレポートを利用できます。このブログへのリンクはできるだけ早く追加されます。

テストを実施したラボはMicrobe Inotechで、2014で実施されたMoms Across Americaテストと同じ方法が使用されました。

 

あなたが知っている女性たちに、GMOとグリホサートについてもっと知るうに促すことを願っています。ありがとうございました!

禅ハニーカット

 

 

 


1反応を表示しています

アカウントを有効にするためのリンクについては、電子メールを確認してください。
  • ルース
    このページをフォローしました 2016-10-04 11:21:19 -0400

ここでフォローしてください

-->
日本語EspañolEnglish