<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=337111513811540&ev=PageView&noscript=1" /> ガーダシル訴訟は、HPVワクチンが10代の重傷を引き起こしたと主張-アメリカ中のママ

ガーダシル訴訟は、HPVワクチンが10代の重傷を引き起こしたと主張している

UPDATED on 6月 14, 2022

The national law firm of Baum Hedlund Aristei & Goldman has filed a Gardasil lawsuit against Merck on behalf of a 19-year-old woman, alleging the company misled the U.S. Food and Drug Administration (FDA), legislators, doctors and moms about the safety and efficacy of its Gardasil HPV vaccine.

訴訟は、メルクが独自のアルミニウム化合物(強力な神経毒)や秘密の潜在的に危険なDNA粒子を含むガーダシルの成分のリスクを意図的に軽視したと主張しています。

Per the complaint, plaintiff Julia Balasco suffered and continues to suffer severe and permanent physical injuries such as an autoimmune disease known as postural orthostatic tachycardia syndrome (POTS) after receiving multiple injections of the human papillomavirus (HPV) Gardasil vaccine. Ms. Balasco’s injuries were so severe and debilitating, that she was physically unable to attend most of her high school years.

ジュリアが3回目のガーダシル注射の予定だったとき、母親はガーダシルが娘の症状の原因である可能性があると信じ始めました。かかりつけの医師は、ジュリアが経験した各ショットと症状に続くタイムラインは疑わしいものであることに同意しましたが、ガーダシルが原因であるとは断言できませんでした。

After being diagnosed with fibromyalgia and years of struggle, Julia’s life continues to be altered in very dramatic ways. Now 19, she struggles to keep up with friends and cannot participate in many of the things she used to enjoy. She was forced to stop cheerleading because she could no longer participate and has switched to online learning exclusively instead of attending in-person classes.

「これは誰にとっても人生ではありません」と彼女の母親は言います。バラスコ夫人がガーダシルに関連する既知の安全上のリスクについて知らされていたとしたら、娘にHPVワクチンの接種を許可することはなかったでしょう。


「娘には手遅れです。被害はすでに発生していますが、ガーダシルについての真実について他の親に警告するのに遅すぎることはありません」とジュリアの母親であるミカエラバラスコは言いました。 「何千もの家族が私たちが経験していることを経験しています。私はジュリアのように子供たちが苦しんでいる世界中の友達を作りました。彼女は一人ではありません。孫や他の子供たちが不必要にこれらの怪我をする必要がないように、Gardasilを市場から出してほしいのです。」

ガーダシル訴訟の詳細については、こちらをご覧ください。

6月 2022 UPDATE:

Baum Hedlund Aristei & Goldman has created a Gardasil Injury Compensation Guide to get some much-needed information out there to people who may be suffering from post-Gardasil injuries. They get a lot of callers with questions about how these cases work, time limits on their cases, and what resources there are available to people. This guide addresses those and other questions.  

Click here to access the guide.

Click here for a PDF version of the guide.


3反応を表示しています

アカウントを有効にするためのリンクについては、電子メールを確認してください。
  • ジャネットエメリー
    コメントした 2020-08-20 14:37:27 -0400
    Michaela Balasco:私はあなたの挑戦を理解しています。私の息子もワクチンの影響を受けていました、そして私は彼が持っているべきであると確信しました HPV その時の彼の医者によるワクチン;彼は常にワクチンに反応していましたが(私が見た効果は「正常」であると私に言った医師を信じ続けました)2人 HPV ショットは彼を端に置いた。あなたの娘のように、彼は学校をやめ、レスリングをあきらめなければなりませんでした(彼は若い年齢で証明されたチャンピオンでした)、そして基本的に6 +年の間閉じ込められました。これは、学問的、運動的、創造的に優れた少年であり、仲間や教師/コーチに愛されていました。彼の症状には、季節/食物などとの関係のない全身の発疹、衰弱性の倦怠感と脱力感、脳の霧、大規模な炎症エピソード、貧血、韻や理由のない多数のアレルギー/不耐性、代謝の不均衡が含まれていました。いくつかの時点で、私は彼を失うと確信していました。ご覧のとおり、私はあなたの靴を履いて歩きました。ありがたいことに、6年以上の研究と代替ケアの後、彼の健康は回復しました。自然療法医/栄養士/栄養士と運動学者/カイロプラクターの近くにいると、彼が必要とする効果的な治癒を得るのに多くの時間と移転が必要でした。 (私は看護師ですので、転職も可能です。言うまでもなく、看護師としての見方も大きく変わります!)時間と規律があり、ライフスタイルが大きく変わりました。最終結果は彼の健康です。彼は今、学校教育を終え、ドラムを演奏し、運動し、友達と出かけ、そしてただ生きています!彼の健康の回復を見て、すべての努力はそれだけの価値がありました。彼はおそらく彼の人生の残りの間厳しい食事療法で生きなければならないでしょう、しかし彼は今すべての医薬品をやめています、そして私たちはもはや彼または家族の健康上の必要性のために従来の医師に行きません。あなたがヒーラーとつながることに興味があるなら(私は彼らを実践者と呼ぶのは好きではありません-彼らは練習しません、彼らはそうします!)、あなたは私に連絡するかもしれません-私はFbまたはFbメッセンジャーにいます、ちょうど私の名前を調べてください:ジャネットエメリー(私はインディアナに住んでいます)。愛と平和を込めて!
  • リンダシュリアック
    コメントした 2020-08-20 13:38:01 -0400
    ミカエラの不必要な痛みと健康上の苦労をとても残念に思いますガーダシルの結果として深刻な健康問題を抱えている他の多くの人が悲しいことにいます。私は自分自身の擁護者でなければならず、MDの推奨を盲目的に信頼してはならないことを学びました。これらのワクチンは私の娘にも与えられました。彼女がいつか子供を産むことができるように祈っています。
  • リンダメイソン
    このページをフォローしました 2020-08-20 10:09:46 -0400

Follow Us Here

日本語EspañolEnglish