<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=337111513811540&ev=PageView&noscript=1" /> 人工食用色素-小さな変化、大きな影響-アメリカ中のママ

人工食用色素-小さな変化、大きな影響

You may have heard the uproar about Skittles, how a California man sued Mars for not warning their customers that it contains harmful levels of titanium dioxide...well, it’s not only this colorful candy that contains toxic chemicals. MOST candies, many children’s medicines, and processed foods in America also contain artificial dyes! But the majority of these chemicals are not allowed in Europe! What gives?

Moms Across America Board member Kelly Ryerson, AKA Glyphosate Girl, weighs in on the situation as our guest writer.



合成食用色素。それらはFDAによって使用が承認されているので、全身にヒステリックな感情的なメルトダウンを引き起こしている可能性がありますか?確かに彼らはそうだったし、そうすることができた。

幼い頃、私の息子には2つのアイデンティティがありました。一人は、電車を読んだり遊んだりするのを楽しんだ、甘くて好奇心旺盛な少年でした。もう1つは、タスマニアデビルのデッドリンガーとしか言えません。子供の頃にルーニーテューンズに何時間もさらされていない人にとって、タズは彼の短い気性と極端なハリケーンのようなエネルギーバースで有名になったアニメキャラクターです。

Doctors dismissed these outbursts as normal little boy behavior, but there was something peculiar about the tantrums. They triggered so quickly over nothing in particular like some switch had been activated in his mind that sent his nervous system into high gear. My mom’s mind fled into all kinds of worst-case scenarios, abetted by Google searches on everything from terrifying brain diseases to my general failure as a parent. Because what would mom-life be without some occasional self-blame.   

数ヶ月が経過し、いくつかの小児期のウイルスが出入りしました。特に厄介なインフルエンザの1つが私をドラッグストアに送り、息子のお気に入りのブドウ風味の子供用タイレノールを手に入れました。タイレノールを投与してから20分後、その悪名高いタズが戻ってきました。ボトルを見ました。 

D&C Red No. 33 & FD&C Blue No. 1.

合成食用色素。それらはFDAによって使用が承認されているので、全身にヒステリックな感情的なメルトダウンを引き起こしている可能性がありますか?確かに彼らはそうだったし、そうすることができた。 

食用色素米国で最も一般的に使用されている合成食用色素は次のとおりです。

  • FD&CブルーNo. 1
  • FD&CブルーNo. 2
  • FD&CグリーンNo. 3
  • FD&CレッドNo. 3
  • FD&CレッドNo. 40
  • FD&CイエローNo. 5
  • FD&CイエローNo. 6

ジュース飲料、フルーツフレーバー飲料(粉末)、ソフトドリンク、アイスクリームコーン、朝食用シリアル、およびアイシングは、米国で最も一般的な食用色素曝露源です。したがって、赤いクールエイドのパケットが効果的な染毛剤としても機能することは理にかなっています。 

In Europe, where regulators take a more precautionary approach.

E171, titanium dioxide, found in Skittles in America, is banned from European foods.

The following warning appears on labels of food that include other artificial dyes:

“May harm activity and attention in children.” 

The warning is well justified. Multiple 研究 have shown that artificial food dyes can cause hyperactivity in children.

2021では、カリフォルニア環境保護庁の環境健康ハザード評価局(OEHHA) 見つかった 「合成食用色素は、一部の子供たちの神経行動学的な悪影響と関連しています。行動障害と診断された米国の子供たちの数が増えるにつれ、この評価は、行動上の問題を悪化させる可能性のある曝露から子供たちを保護するための取り組みに情報を与えることができます。」

At the upcoming White House Conference on Food, Nutrition, Hunger, and Health, Moms Across America would like to make our voices heard and ban the use of artificial food dyes in our food. We believe that the US must work to preserve the neurological and psychological health of our children actively, and replacing dyes with natural alternatives would make a significant impact.

食用色素の禁止は緊急の課題であることをホワイトハウスに伝えてください。私たちはあなたの署名とコメントをすべて集めて一緒に提出します。あなたのストーリーもお気軽に共有してください!

クリック ここ あなたの声を聞いてもらうために。


Showing 2 reactions

アカウントを有効にするためのリンクについては、電子メールを確認してください。
  • Kelly Ryerson
    このページを公開しました ブログ 2022-07-25 13:22:50 -0400
  • トッド・ハニーカット
    このページを公開しました ブログ 2022-07-22 12:40:48 -0400

ここでフォローしてください

日本語EspañolEnglish