School Lunch Testing Program - Moms Across America

School Lunch Testing Program

アメリカでは、毎日 3,000 万個の遺伝子組み換えの学校給食が子供たちに提供されています。

 

The MAA commissioned testing of 43 school lunch samples shows:

  • 10% of the samples contained a known aviary contraceptive, Nicarbazine.
  • 93% of the school lunch items contained carcinogenic, endocrine disrupting, and liver disease-causing glyphosate.
  • 74% of the samples contained at least one of 29 harmful pesticides.
  • 4 動物用医薬品とホルモンは、9 の学校給食のサンプルから最大 130.76 ng/g のレベルで検出されました。
  • 100学校給食のサンプルの 100% には、飲料水に含まれる EPA の最大レベルの 6,293 X までのレベルの重金属が含まれていました。
  • The majority of the samples were abysmally low in nutrients.

十分なサービスを受けられない何百万人もの子供たちにとって、学校給食は唯一の食事です。学校給食には、トウモロコシ、大豆、サトウダイコンからの砂糖などの多くのGM作物成分が含まれており、キャノーラや大豆油などのGM油で加工されています.ほとんどの遺伝子組み換え作物は、グリホサート、グルホシネート、ジカンバ、その他多くの有害な化学物質などの有毒化学物質に耐えるように設計されています. 

小麦、エンドウ豆、豆、オートムギ、およびホットドッグやハンバーガーのパン、パン粉のコーティング、パスタ、ピザの皮などの学校給食に含まれるその他の穀物成分は、主に従来の作物に由来し、しばしばスプレーされます.収穫前の乾燥剤としてのグリホサートの使用 - この慣行は、食品中に高レベルのグリホサート残留物をもたらします.何千もの食品サンプルがグリホサートについて検査されています。学校給食でそのようなテストが行われていることは知りません。

The frequent use of these chemicals, for instance, 280 million pounds of glyphosate herbicides are used each year in the United States, has been shown to kill the microorganisms in the soil that are critical for soil health. Glyphosate also traps many minerals, depleting the soil of essential nutrients. Therefore, an increasing amount of fertilizers are required to grow crops—over 500 million pounds Of fertilizers were reported to be used in 2008. Many fertilizers are derived from manure from animals fed genetically modified grains sprayed with glyphosate and other petrochemicals. Studies have shown that these petrochemicals contain heavy metals, such as arsenic, cadmium, barium, and aluminum. The chemical residues, especially glyphosate, do not wash off. The heavy metals in the fertilizer leach into the soil, are taken up into the crop, and are found in wheat, corn, soy and many other food ingredients.

赤ちゃんが食べるベビーフード.jpg離乳食メーカーは、最も人気のある6つの離乳食ブランドで高レベルの重金属をすでに検出しています.の 議会の離乳食報告 913 ppb のヒ素、344 ppb のカドミウム、886 ppb の鉛のレベルを示しました。重金属は、精神遅滞、神経認知障害、行動障害、ADHD、呼吸器系の問題、癌、心血管疾患を引き起こすことが示されています。同じ高レベルの重金属が学校給食にも含まれていないと信じる理由はありません.

The depletion of nutrients in the soil from agrochemicals results in nutrient-deficient crops. Preliminary testing on conventional foods resulted in “ embarrassingly low” nutrient levels, according to plant pathologist Don Huber, PhD., with sixty years of experience. We suspected that school lunch nutrient density is also extremely low. Testing for nutrients in school lunch food is a necessary step in ensuring the health of our children and the success of the future of our country.

testing_food.jpg家畜に与えられる穀物の栄養レベルが低いと、成長率の低下や病気につながる可能性があります。農家は、多くの場合、次のような数十の薬を注射します。 抗生物質、病気を防または治療するために家畜に入れます。この慣行は、何千もの豚、牛、または鶏が小さな不衛生なスペースに詰め込まれている動物飼育施設 (CAFO) で特によく見られます。畜産農家は家畜に人工的に注射することで成長を刺激します 成長ホルモン.これらのホルモンは、消費者の健康に悪影響を及ぼす可能性があり、肉を消費する人間のホルモンバランスを崩し、女の子の早期月経や男の子の腹部脂肪と乳房組織の成長などの悪影響を引き起こします.ホルモンの不均衡は、睡眠や気分にも影響を与える可能性があり、感情の爆発や注意力の低下を引き起こし、行動や学習の問題を引き起こす可能性があります.そのため、抗生物質を含む、最も懸念される動物用医薬品とホルモンの 108 の検査を開始しました。

Testing school lunches for glyphosate, pesticides, heavy metals, hormones, and nutrients is something our federal government agencies should be doing. These test results should be made publicly available. Moms Across America is clear that the federal government is primarily in the pockets of Big Ag and Big Chem, so these actions are unlikely ever to be taken.

Moms Across America ネットワークと Children's Health Defense のすべての方々に、完了したばかりの検査を支援するために寄付をしていただき、本日報告していることに感謝します。



Glyphosate and AMPA
(breakdown of glyphosate)

  • テストされた 44 の学校アイテムのうち、41 または 93.4% が検出可能なレベルのグリホサート除草剤を持っていました。
  • 最高レベルのグリホサートと AMPA (AMPA はグリホサートの分解であり、さらに有毒である可能性があります) は、 286.77 ng/g の柔らかい小麦のトルティーヤと 156.14 ng/g のピザを含むビーフ タコスで見つかりました。
  • 44 の学校給サンプルの 28、または 63.6% に小麦成分が含まれていました。
  • 小麦製品の 100% がグリホサート陽性で、平均 ng/g でした。 42.09ピザ中のグリホサートの平均レベルは 154.51 ng/g でした。いくつかのアイテムは、25 ng/g をはるかに超える非常に高いグリホサート レベルを持っていました。

The link to the full report of glyphosate and AMPA testing in school lunches can be found here.

定期的に摂取すると、総有効グリホサートが 25 ng/g を超えると有害な影響が生じる可能性があります。これらは、日常的にラットに与えた場合、非アルコール性脂肪肝疾患 (NAFLD) の症状を示すレベルです。

NAFLD は生命を脅かす病気であり、米国で流行しています。6学校給食に含まれるこのレベルのグリホサートは、子供にも同様の影響を与えると予想されます。 25 ng/g 未満のレベルは、NAFLD やその他の病状の一因となることが予想されます。これは、子供が 1 日の間にグリホサートを含むものを複数食べ、グリホサートのレベルが累積されるためです。

According to the American Liver Foundation

About 100 million individuals, or about 1 out of 3 people in the United States, are estimated to have Nonalcoholic Fatty Liver Disease.

Nonalcoholic Fatty Liver Disease (NAFLD) is children’s most common form of liver disease and has more than doubled over the past 20 years.

According to the Mayo Clinic:

肝疾患は、常に顕著な徴候や症状を引き起こすわけではありません。肝疾患の徴候や症状が発生した場合は、次のようなものがあります。

  • 皮膚や目が黄色く見える(黄疸)
  • 腹痛と腫れ
  • 足と足首のむくみ
  • 皮膚のかゆみ
  • 濃い尿の色
  • 便の色が薄い
  • 慢性疲労
  • 吐き気または嘔吐
  • 食欲減少
  • あざができやすい傾向

EPA は、食品供給からグリホサートを取り除き、人口の NAFLD のリスクを減らすためにグリホサートのライセンスを取り消さなければなりません。私たちの食糧供給と地域社会でグリホサートの継続的な使用を許可することは、医療費の上昇と社会の不利益に大きく貢献します.

農薬

Moms Across America had the 43 school lunch samples tested for 220 of the most egregious pesticides, such as:

2,4-D, Atrazine, Carbaryl, Chlorpyrifos, Dicamba, Fipronil, Imidacloprid, Metoclor, Piperonal Butoxise, Pyrimenthanil, Simazine, Tetraconazole, Thiabendazole, and more

  • 74学校給食のサンプルの % に、少なくとも 1 つの有害な農薬が含まれていました
  • 学校給食の 74% に 29 種類の農薬が含まれていました
  • 免疫抑制剤であるチアベンダゾールは、 27.9% のサンプルで検出されました
  • 先天異常や神経発達障害を引き起こす発達毒素であるピペロナール ブトキシドは、サンプルの 41% に含まれていまし。
  • 動物に甲状腺腫瘍を引き起こすピリメタニルは、リンゴから 595.04 ppb 検出されました。

わずか 3 つの化学物質に関する研究で、免疫系への害、先天性欠損症、神経発達障害、および腫瘍の憂慮すべき懸念が明らかになりました。

Thiabendazole (TBZ) - present in 12 of the 43 samples (27.9%), was found at 176.28 ppb on a green apple and 34.99 ppb on a red apple. TBZ has immunosuppressive effects. A 2021 study concluded that "TBZ, MSG, and BB negatively affect hematological parameters and innate and humoral immune functions, and inflammatory responses. TBZ achieved the maximal negative impacts, followed by food additive MSG and BB. Given the prevalence of these food additives, TBZ and MSG should be limited to a minimal volume use, or natural food additives should be used instead."

Piperonal Butoxide (PBO) - present in 18 of the 43 samples ( 41%), up to 41.96 ppb in a hamburger- is a developmental toxin or teratogen that can cause structural malformations including inhibition of the development of specific parts of the brain and forelimb and facial development. A 2019 study points out that a critical mechanism of action is to inhibit an essential developmental signaling pathway.

PBO は殺虫剤ではありませんが、多くの殺虫剤の殺虫活性を増幅する相乗剤です。そのため、多くの殺虫剤と組み合わせて使用され、人間への広範な暴露をもたらします.それが殺虫剤ではなく相乗剤であるという事実は、この化学物質に対する懸念を弱めることはありませんが、PBO がはるかに広く使用され、その結果、より高い暴露につながるため、懸念を増大させます。この食べ物で少し摂取し、次の食品で少し摂取し、次の食品で摂取すると、すべてが加算されます。特に妊娠中の母親は、この化合物の発生毒性のために注意する必要があります.出生前の PBO への曝露は、明らかな前脳や顔面の奇形または神経発達障害を引き起こす可能性があります….この研究では、マウスにおける PBO 発生毒性の観察可な最小影響レベルを、EPA および他の機関によって以前に認識されていたよりも 30 倍以上低いと定義しました。 PBO へのヒトの曝露と、その病因が複雑な先天性欠損症への潜在的な寄与については、厳密に調査する必要があります。

Pyrimethanil was detected at 595.04 ppb on an apple. A 2018 study on Pyrimethanil indicates that it produces thyroid follicular cell tumors in rats and upregulates hepatic thyroid hormone metabolism, which may be responsible for thyroid tumorigenesis (Hurlety, 1998 ).

The full report of the pesticide testing on school lunches can be found here.


ミネラル

ナトリウム、カリウム、鉄、カルシウム、リン、マグネシウム、窒素、マンガン、ホウ素、銅、亜鉛、アルミニウム。

実験室でのテストでは、サンプルの大部分が適切な量のミネラルが著しく不足していることが示されました.

The link to the entire lab report for nutrient testing is found here.

ミネラルは体の機能に欠かせません。以下は、ミネラルが人間の健康と発達において重要な役割を果たす具体的な方法のほんの一部です.

Sodium: plays a variety of essential roles in the body. Sodium helps maintain healthy fluid balance and contributes to proper muscle contraction and nerve impulse conduction. Still, the body needs far less sodium than the average person consumes -- and the importance of sodium is negated when too much of the salty stuff fills the bloodstream.

Potassium: is necessary for the normal functioning of all cells. It regulates the heartbeat, ensures proper muscle and nerve function, and is vital for synthesizing protein and metabolizing carbohydrates.

Iron: is essential in making hemoglobin, an oxygen-carrying protein in red blood cells. These red blood cells help carry oxygen throughout your body. Six percent of iron can also be found in other essential proteins, and another 25% is stored in your body in a blood protein called ferritin. Iron is also vital for a fully functioning immune system. If your iron levels are too high or too low, they can cause serious health problems.

Calcium: is vital for overall health. Almost every cell in our body uses calcium in some way. Calcium is key to the proper functioning of our nervous system, muscles, heart, and bone. Our bones store calcium in addition to providing support for our bodies. As we age, we absorb less and less calcium from our diet, causing our bodies to take more and more calcium from our bones. Over time this aging process can cause or contribute to osteopenia or osteoporosis.

Phosphorous: an essential mineral, is naturally present in many foods and available as a dietary supplement. Phosphorus is a component of bones, teeth, DNA, and RNA. In the form of phospholipids, phosphorus is a component of cell membrane structure and the body’s essential energy source, ATP. Many proteins and sugars in the body are phosphorylated. In addition, phosphorus plays key roles in regulating gene transcription, activating enzymes, maintaining normal pH in extracellular fluid, and storing intracellular energy.

Magnesium: is the fourth most abundant mineral in your body; it is involved in over 600 cellular reactions, from making DNA to helping your muscles contract. Low magnesium levels have been linked to many adverse health outcomes, including weakness, depression, high blood pressure, and heart disease.

Nitrogen: is one of the main body components required for protein synthesis and production of several nitrogenous compounds such as hormones, neurotransmitters, and components of antioxidant defense.

Manganese: contributes to many bodily functions, including the metabolism of amino acids, cholesterol, glucose, and carbohydrates. It also plays a role in bone formation, blood clotting, and reducing inflammation.

Boron: is especially important for your metabolism and other functions that involve maintaining homeostasis. Boron induces the mineralization activity of what’s called your osteoblasts. Osteoblasts are a type of cell that creates new material to rebuild bones. Boron activates these cells by regulating gene expression.

Copper is an essential trace mineral. That means, in trace amounts, it isn’t merely important for your health – it’s crucial for survival. Copper is critical for higher metabolic activity in the liver, kidneys, brain, and heart.

Zinc: is an essential mineral found in every cell of the human body. It is needed for the proper functioning of hundreds of enzymes, and it plays a role in immune function, cell growth, and wound healing. Zinc is also necessary for the sense of smell and taste.


ヘビーメタル

ヒ素、カルシウム、鉛、水銀

  • 100学校給食のサンプルの 100% には、飲料水に含まれる EPA の最大レベルの 6,293 X までのレベルの重金属が含まれていました。
  • レベルは 0.5 ppb から 94.4 µg/kg の範囲でした。
  • 重金属の最高レベルはカドミウム (Cd) と鉛 (Pb) で、カドミウム 46.8 µg/kg と鉛 94.4 µg/kg が検出されました。

Arsenic - 0.010 ug/kg - Skin damage or problems with circulatory systems, and may have increased risk of getting cancer

Cadmium - 0.005  ug/kg - Can cause kidney damage.

Lead - 0.015  ug/kg - Infants and children: Delays in physical or mental development; children could show slight deficits in attention span and learning abilities. Adults: Kidney problems; high blood pressure

Mercury - 0.002  ug/kg - Kidney damage

重金属は、子供の脳の発達に危険を及ぼすことが知られています。

A 2019 study finds that: Heavy metals "harmful consequences for children’s health include mental retardation, neurocognitive disorders, behavioral disorders, respiratory problems, cancer, and cardiovascular diseases. Much attention should be given to heavy metals because of their high toxicity potential, widespread use, and prevalence. This review, therefore, examines the exposure routes and health effects of mercury (Hg), lead (Pb), chromium (Cr), cadmium (Cd), and barium (Ba) on children."

The entire lab report for heavy metals can be found here.


動物用医薬品とホルモン

108の薬とホルモンには、複数の抗生物質、イオノフォア、抗原虫薬、抗真菌薬、コクシジオスタット、鎮痛薬、ステロイド、合成ホルモン、成長促進剤、その他の化学物質が含まれます。

テストには、アモキシシリン、ブトルファノール、シプロフロキサシン、クロピドール、クロキサシリン、ジフロキサシン、ドキシサイクリン、フェンベンダゾール、ケタミン、ノルフロキサシン、ペニシリン、プレドニゾン、テトラサイクリンなどが含まれます。

4 動物用医薬品とホルモンは、9 の学校給食のサンプルから最大 130.76 ng/g のレベルで検出されました。

Nicarbazine is an anti-parasitic that is also a known aviary contraceptive. It prevents birds from laying eggs. 10% of the school lunch samples contained this veterinary drug. We are unaware of any human studies showing the effects of the short or long term exposure of this drug on our children's reproductive development.

The entire lab report for Veterinary drugs and hormones in school lunches can be found here.

Long-term exposure to hormones in foods is claimed to pose serious health problems like heart problems, memory decline, and infertility.

A 2018 article in Healthfully states: "Eighty percent of U.S. cows are injected with hormones to increase their size, lean meat production, and feed use efficacy. Although the European Union stopped buying U.S. meat in 1985 due to hormone use, public opinion on its safety remains torn. U.S. cattle and sheep are fed, implanted, or injected with hormones. Unless store-purchased meat is marked with USDA Organic Certified, there is a chance it contains residual hormones."

思春期の早期発症、双子の出産率の増加、生殖障害はすべて、肉に含まれるホルモンのせいだとされてきました。ホルモンの使用に反対する人々は、これらの成長ホルモンが乳癌や子宮癌などの癌や子供の発達障害に関連していることを示唆しています.


グリホサート、殺虫剤、ホルモン、重金属、および低栄養レベルが子供にとって特に問題となる理由

子供は毒素に対して特に脆弱です。調査によると、 子供はより多くの重金属を吸収します 永久的な脳の損傷、発達の遅れ、生殖の問題を引き起こす可能性があります。

子供と農薬に関する統計は、IQの低下を示しています。

A study from the Center for the Health Assessment of Mothers and Children of Salinas (CHAMACOS) cohort found an association between prenatal pesticide exposure and attention problems in children at age 5.

Researchers at the University of California, Berkeley’s School of Public Health found that every tenfold increase in measures of organophosphates detected during a mother’s pregnancy corresponded to a 5.5 point drop in overall IQ scores in 329 7-year-olds followed since birth. Children in the study with the highest levels of prenatal pesticide exposure scored seven points lower on a standardized measure of intelligence compared with children who had the lowest levels of exposure.

「これらの関連性は、特にこれを人口全体のレベルで見ると、かなりのものです。 「この違いは、平均して、より多くの子供たちが学習範囲の最下位にシフトし、より多くの子供たちが学校で特別なサービスを必要とすることを意味する可能性があります.

ニューアメリカの記事によると、特殊教育の費用は 

カリフォルニアのいくつかの学校で。

2005-2006学年度に、カリフォルニア州の学校は特殊教育の支出をおよそ 8.5 十億ドルと報告しました。 2015-16 では、約 13.2 十億ドルにまで成長しました。これは 10 年で 55 パーセントの増加です。

During this time is when the use of herbicides in agriculture skyrocketed. Another area of concern is artificial hormones which can have detrimental impacts on human health. According to the 健康 newsletter:

2009の研究によると、動物由来のタンパク質を最も多く摂取した子供は、最も摂取量が少なかった子供よりも約 7 か月早く思春期に入ることがわかりました。 「それが牛乳、チーズ、または肉であるかどうかはそれほど重要ではありません。これらすべての動物性タンパク質は、[私たちの] IGF システムに明確な影響を与えます」と、この研究の著者の 1 人であり、ドイツの児童栄養研究所の授。

2004の研究では、平均以上の IGF レベルを持つ患者は、平均以下のレベルを持つ人々よりも、前立腺がんのリスクが 50% 近く高く、ホルモン依存性閉経前乳がんのリスクが 65% 高かった.

これらの健康と学習の問題は、家族、学校制度、連邦政府に莫大な財政的負担をもたらします。現在の国家医療予算は 2020 で 4 兆ドルを超えており、4軍や先進国の X 倍です。

アメリカ人が毒素を含まず、栄養価の高い食品を消費する最も重要な時期は、子宮内、幼児期、および小学校と高校です.アン 2010 の記事 軍関係者は学校給食の状態を「国家安全保障の問題」として呼び、子供たちの肥満のレベルが軍の成長と我が国の安全保障にとって法外なものであると指摘した.

「若年成人の4分の1以上が太りすぎて戦うことができないとき、私たちは注意を払う必要があります」とバーネットは言いました.彼は、2030 年の国家安全保障は、子供の肥満率を逆転させることに「絶対に依存している」と指摘しました。

最近の研究によると、 食品に含まれる化学物質は代謝に影響を与え、体に不要な体重を追加する原因となる可能性があります.によると ハーバード公衆衛生大学院、肥満の流行に寄与する要因は、オベソゲンへの曝露です。

The term obesogen was coined in 2006 to refer to industrial chemicals and the non-caloric components of food that may contribute to weight gain.

私たちの国が、テクノロジー、イノベーョン、経済成長、軍事力で世界をリードする超大国であり続けることを望むなら、私たちの国の将来のリーダーである子供たちの健康に注意を向けなければなりません.学校給食から毒素を排除し、給食の栄養価を改善しなければなりません。

The frightening alternative of a future with widespread physical and mental health debilitation is already fast approaching; Dr. Nancy Swanson’s analysis of glyphosate and autism in children shows a 98.93.% correlation. Dr. Stephanie Seneff, an MIT scientist and author of Toxic Legacy, utilizing Swanson’s studies, predicts that 1 out of 2 children born in America in 2032 will be diagnosed with autism.

この衰弱傾向を逆転させるために、政策立案者、親、および医師は、有毒化学物質への曝露を減らし、学校給食での栄養素の摂取量を増やすためにすぐに行動を起こさなければなりません.

研究によると、栄養素は、場合によってはたった1つの栄養でも、行動の問題を完全に逆転させることができます.

Without specific vitamins, the brain will not function properly, and humans will not make rational decisions. In addition, vitamin and mineral deficiency is connected to many illnesses and conditions. According to a Smithsonian magazine article, when hamsters in France were fed high-yield corn that was sprayed with pesticides and herbicides (most likely glyphosate), they became deficient in Vitamin B3 and cannibalistic, eating their own young. The cannibalistic behavior stopped completely when Vitamin B3 was introduced into their diet. Glyphosate is a chelator, meaning it holds or makes unavailable the vital nutrients of any living thing it touches. This leads to vitamin and mineral deficiency. The function of glyphosate and the lack of nutrients in our food supply points to glyphosate making the majority of the American public vitamin deficient, contributing to violent behavior. Our children deserve better. Our country deserves better.

Moms Across America は、私たちの有毒な食物供給とその栄養素、特に学校給食の不足が、子供たちと私たちの国の精神的および身体的健康の低下の主な要因であると主張しています.私たちは、学校給食の提供者に対し、新鮮で有機的で再生栽培された食材をすぐに調達して、安全で清潔で、毒素を含まず、栄養豊富な食品を偉大な国の子供たちに提供するよう求めます。

テストについて

一次試験は、アイオワ州フェアフィールドにあるヘルス リサーチ インスティテュート ラボラトリーズで実施されました。

The methodology of each test can be found on their website.

18 Moms Across America のサポーターの子供たちは、未使用のビニール袋に入った学校給食を購入して持ち帰りました。各保護者は、サンプルが改ざんされておらず、汚染されていないことを確認するフォームに署名しました。各サンプルは 1-2 日以内に冷凍して検査室に直送されました。送料はサポーター(1名を除く)が負担しました。サンプルを収集したり、何らかの方法でサンプルを改ざんしたりすることに対して、サポーターは補償されませんでした。

これらのサンプルは全国の学校給食プログラムからのものであるため、Moms Across America は学校の場所を開示しないことにしました。学校制度は、連邦プログラム全体を改善する政策を確立するために政府に依存しています。学校は他のソースから食料を調達することができますが、連邦政府のプログラムにより、このプロセスは非常に困難になります。 Moms Across America は、国レベルでの全国的な変化を提唱しています。

サンプルは、15 州の次の 18 都市から収集されました:

このイニシチブに参加してくださった保護者、特に子供たちに感謝します。

私たちは、関係するすべての市民に、議会のメンバーとUSDAに連絡して、安全で栄養価の高い食品を私たちの国の子供たちに提供するためにすぐに行動を起こすよう要求するよう求めます.

Click here to send a letter to our government today.

注: このレポートのデータはまだ審査中であり、追加の評価が追加される可能性があります。

出典:

  1. https://www.soilassociation.org/media/7202/glyphosate-and-soil-health-full-report.pdf
  2.  https://www.ers.usda.gov/topics/farm-practices-management/fertilizers-pesticides/
  3. https://www.momsacrossamerica.com/arsenic_and_heavy_metals_found_in_world_s_most_popular_weed_killer
  4. https://www.consumerreports.org/food-safety/heavy-metals-in-baby-food-a6772370847/
  5. Mesnage et al. Multiomics Reveal ... https://www.nature.com/articles/srep39328
  6. https://liverfoundation.org/liver-diseases/fatty-liver-disease/nonalcoholic-fatty-liver-disease-nafld/
  7. Heavy metals and children https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30941546/
  8. Chamacos study https://news.berkeley.edu/2010/08/19/pesticide/
  9. https://news.berkeley.edu/2011/04/20/prenatal-pesticide-exposure-lower-iq/
  10. https://www.newamerica.org/weekly/special-education-costs-are-rising/
  11.  https://doi.org/10.1016/j.intimp.2021.107902
  12. https://ehp.niehs.nih.gov/doi/10.1289/EHP5260
  13. https://www.sciencedirect.com/topics/agricultural-and-biological-sciences/pyrimethanil
  14. https://www.health.com/food/hormones-in-food-should-you-worry
  15. https://www.health.com/condition/breast-cancer/early-symptoms-breast-cancer
  16. https://publichealth.jhu.edu/2019/us-health-care-spending-highest-among-developed-countries
  17. https://www.cleveland.com/healthfit/2010/04/military_officers_group_says_s.html
  18. Harvard Obesity study https://www.hsph.harvard.edu/obesity-prevention-source/obesity-causes
  19. https://www.researchgate.net/figure/Correlation-between-children-with-autism-and-glyphosate-applications_fig2_283462716
  20. https://www.smithsonianmag.com/smart-news/corn-diet-turns-french-hamsters-cannibals-180961987/
  21. https://detoxproject.org/glyphosate/glyphosate-chelating-agent/
  22. Hormones in Food https://www.health.com/food/hormones-in-food-should-you-worry

 


2反応を表示しています

アカウントを有効にするためのリンクについては、電子メールを確認してください。
  • Lauren Ayers
    コメントした 2024-01-19 21:32:13 -0500
    I am sending this to 150 neighbors (an email group) because I know parents who will want to have less toxic and more nutritious school meals. This should be top priority for school districts but somehow Big Ag and Big Processed Food get their way instead. Evidently, it’s inconvenient to serve nutritious, un-contaminated food to children, which means the future of our nation is dim.
  • 禅ハニーカット
    このページを公開しました 毒素に関するデータ 2022-09-28 12:08:52 -0400

ここでフォローしてください

-->
日本語EspañolEnglish